3D-Fuelから水溶性サポート材が登場

3D-Fuelの水に溶けるサポート用フィラメントHydro Support

米国のフィラメントメーカー大手3D-Fuelは、水に浸すだけで簡単に溶ける水溶性サポート材「Hydro Support」をリリース。
3D-Fuelの正規パートナーである3DFS id.arts(運営:アイディーアーツ株式会社)では、さっそく『Hydro Support』の取り扱いを開始した。

3Dプリントプロセスにおいて、複雑に入り組んだモデル形状からサポートを取り除くには、後処理により溶解作業が必要となる。StratasysのFDM方式プリンタや、デュアルエクストルーダーを搭載した一部のFFF方式3Dプリンタでは、以前からサポート除去のためのプロセスが実装されていたが、何れも純正のサポート材料での使用が前提となっている。
今回3D-Fuelからリリースされた水溶性サポート材「Hydro Support」は、一般的なPLA材料同等のプリントプロセスで、簡単に造形することができる。

Hydro Supportは、常温の水に浸し約12~24時間で完全に溶かすことができるが、ヒーター付き超音波洗浄機などを利用し加熱・攪拌することで、溶解速度を大幅に短縮することができる。


Hydro Supportが含まれた水は無害なため、一般的な排水口から処理可能

Hydro Supportはその性質上湿度に敏感なため、商品は湿気を避けるため真空密封容器に入れて出荷される。また、開封後のフィラメントは乾燥剤の入った密閉容器などに保管することが推奨されている。

Hydro Support 商品スペック

  • メーカー推奨プリント温度:185~215℃
  • メーカー推奨ヒートベッド温度:0-60℃
  • メーカー推奨プリント速度:40〜100 mm/s
  • フィラメント径:1.75mm、2.85mm
  • フィラメント色:ナチュラル
  • 材料:HydroSupport
  • スプール重量:500 g
  • 商品の注文先:http://3dfs.idarts.co.jp/items/6592913

関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る