FDM方式金属3Dプリンタ「Desktop Metal」予約開始

低コスト金属3Dプリントを実現する「Desktop Metal Studio System」が予約受付開始

マサチューセッツ州バーリントンに本社を置くDesktop Metalは、革新的なデスクトップタイプのメタル3Dプリントシステム「Desktop Metal Studio System(デスクトップ・メタル・スタジオ・システム)」の国際的な予約注文を開始したことを発表した。

デスクトップメタルは、カナダ、メキシコ、ドイツ、フランス、イタリア、英国を含む世界各国66の再販業者と戦略的パートナーシップを締結。
米国内では数週間後に初期受注分の出荷する準備を進めており、2018年中頃から各再販業者を通じて世界各地に「Desktop Metal Studio System」の3Dプリントシステムを展開する。

Desktop Metal Studio Systemの3Dプリントシステムは、FDM方式のメタル3Dプリンタ本体、一次バインダーを溶解するバインダー、造形物を焼結する炉の3つのツールから構成されており、これらの3つの機器を組み合わせることで、従来の粉末メタル3Dプリントよりも安価に複雑な金属部品を3Dプリントすることができる。

Desktop Metal Studio System(プリンタ、バインダー、炉)の購入価格は$120,000となるが、同社のHaaS(Hardware-as-a-Service)サブスクリプションプログラムを利用することで、月額$3,250(48ヶ月契約)から利用することができる。

3Dプリンタ本体スペック

  • 造形エリア:W300×D200×H200mm
  • 造形速度:160mm/hr
  • 最小レイヤーピッチ:50μm
  • 出荷開始時期:2017年第4四半期(米国内のみ)

2015年に設立されたデスクトップメタルは、GE、Google、BMW、Lowe’sなどから2億1,000万ドル以上の投資を受け事業を拡大。2018年には高解像度金属部品を量産するための高速3Dプリントシステム「Desktop Metal Production」をリリースする。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る