3Dモデルから自動でぬいぐるみを生成するソフト

米国大学の研究チームは3Dモデルを自動的に変換しニット製品を生成するソフトウェアを開発

カーネギーメロン大学のテキスタイル・ラボ(Carnegie Mellon University Textiles Lab)の研究チームは、任意の3Dモデルからぬいぐるみ等のニット製品を生成するソフトウェアを開発した。

Automatic Machine Knitting of 3D Meshes」と題された論文で発表されたこのシステムは、専用のソフトウェアプログラムによって3Dモデルをニットパターンに適したメッシュ形状へと変換し、コンピュータ制御の編み機によって立体的なニット製品を生成することができる。

3Dモデルからニットへ変換する際、ユーザーは開始点と終点を指示するだけで良く、ソフトウェア側で自動的にジャムの発生しない最適な編み込みパターンを計算する。

自動的に生成された編みこみパターンの準備が完了すると、データがコンピュータ制御の編み機に送られ、データに基づいたニットスキンを作成。
ユーザーは、完成したニットスキンに綿などを詰め込み、元となるデジタル3Dモデルと同じ形状の製品(ぬいぐるみ等)を完成させることができる。

この技術を利用することで、テディベアやウサギのような簡単なぬいぐるみから、より複雑な形状のニット製品を作ることも可能となる。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る