3Dプリントパーツを使用したスーパーカー登場

FFF方式で造形された3Dプリント部品を実装したポーランド初のスーパーカー『Arrinera Hussarya』

ポーランドのスポーツカーメーカー『Arrinera Technology(以下 アッリネーラ社)』は、国内の産業用3Dプリンタメーカー「OMNI3D」と協力し 、ポーランド初となるスーパーカー『Arrinera Hussarya』の実装部品に3Dプリントパーツを適用した。

2012年に初のコンセプトカーを発表したアッリネーラ社は、Arrinera Hussaryaのプロトタイピングと最終部品生産プロセスをスピードアップするため、工業用大判FFF方式3Dプリンタを開発・販売するOMNI3Dの3Dプリンタ「Factory 2.0」を利用し、プロトタイプモデルや実装用最終部品を製造している。

ABS-42素材をベースに製造されるArrinera Hussaryaの3Dプリント部品は、ミラーハウジングやエアベントなど、複数の重要パーツに適用されている。

また両社は、OMNI3Dをベースとした3Dプリントシステムにより、ラピッドプロトタイプや実装部品製造の他、工具や機器の製造、スペアパーツの製作にも3Dプリンタを活用。開発プロセスから最終部品製造まで、3Dプリント技術をフルに活用することで、開発期間の短縮とコストの削減のための3Dプリントソリューションの構築を目指している。

OMNI3D「Factory 2.0」基本性能

  • プリント方式:FFF
  • 適合性材料:ABS、PC-ABS、HIPS、PET-G
  • 本体サイズ:1070×770×1200mm
  • 本体重量:150kg
  • ワークエリア:500×500×500mm
  • ピッチ:140~300ミクロン
  • プリントヘッド:交換式水冷ヘッド(特許出願中)
  • 筐体材質:アルミ
  • プラットホーム:ガラスヒートベッド
  • ヘッド温度:最大温度360℃
  • フィラメント径:1.75mm
  • ノズル径:0.4mm
  • ソフトウェア:Simplify3D
  • 接続:SDカード
  • コントロールパネル:7インチ”LCDタッチスクリーン

ポーランド初のスーパーカーとなるArrinera Hussaryaは、最高出力650hpのV型8気筒エンジンをベースに、0-100km/h 加速3.2秒、最高速度340km/hの性能を有するスーパーカーとして、2,770万円(予価)で限定販売される。


自動車関連記事

DMM.make DISPLAY



関連記事

ページ上部へ戻る