高齢者のための3Dプリントフード

欧州発、高齢者や要介護者のための3Dプリントフォードプロジェクト

3DPrintedFood_1

過去の記事でも様々なタイプの食用3Dプリンタをご紹介してきましたが、こちらは特別養護老人ホームなどの生活支援施設や、ご家庭で介護を受ける高齢者のために、食を通した総合的な健康管理を実施する(3Dプリントフード)プロジェクト。
プロジェクト主催者 PERFORMANCE

加齢と共に変化する食生活や健康状態をモニタリングし、個々に適した食事を見た目や触感もバランスよく提供するための取組み。個々の健康状態はモバイル端末などからデータベース上に記録され、個人のニーズや日々の健康状態に応じた最適な食事を食品工場で3Dプリント~パッケージし、デリバリーするというシステム。
旧来の単なるデリバリーサービスではなく、利用者の
日々の健康状態などもモニタリングし最適な食事が提供できる総合的な介護システムの一つ。

3DPrintedFood_2
3DPrintedFood_3

固形物を上手に食することが出来ない高齢者などに対し、従来のような素っ気ない食事(流動食など)を与えるのではなく、見た目や触感も重視した食事は健康状態を保つ上でとても大切なことです。尚且つ、食べやすく消化の良い食事を成形できることが3Dプリントフードのメリットして考えられています。

このプロジェクトのメリット

  • 個々の健康状態(咀嚼可能な固形物の状態など含め)、個人のニーズに応じた食材や大きさなど、栄養バランスも考えた食事を提供することが可能。
  • 味付けや見た目も個人の要望に合わせ対応が可能。
  • 専門の食品工場にて3Dプリント~デリバリーされるため、家庭や専門施設など、どんな場所での食事にも対応が可能。

3DPrintedFood_4

同プロジェクトは現在、デンマーク、オーストリア、イタリア、ドイツ、オランダでの展開を予定しているようです。
3Dプリンタで作る食事なんて!と批判的な意見もあるかもしれませんが、高齢化問題が深刻化する日本でも、増加する要介護高齢者問題に対応するため、更には介護する側の負担を減らすためにも、こういったシステムの運用も検討する必要があるのではないでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る