レンジや食洗機で使用できるフィラメント『Centaur PP』

食品対応で電子レンジや食器洗浄機にも使用できるフィラメント『Centaur PP』販売開始

高性能な3Dプリンタ用フィラメントをラインアップするオランダのフィラメントメーカー FormFutura は、新たに特殊な性能を有する3種類のフィラメントをリリース。
FormFutura の正規パートナーで、3Dプリンタ用フィラメント専門ショップ『3DFS』を運営する id.arts(アイディーアーツ株式会社)では、これら3種類の新商品の販売を開始しました。

電子レンジや食洗機で使用できる食品対応フィラメント Centaur PP

最初にご紹介する『Centaur PP』は、軽量で高性能なポリプロピレン(PP)を原料としたフィラメントで、レイヤー間の接合性が高く、優れた耐磨耗性、耐久性、耐薬品性と、エンジニアリンググレードの性能を有したフィラメントです。

Centaur PP は、FDA(アメリカ食品医薬品局)とEUの食品安全基準の両方に適合しており、直接食品に触れる造形物に適用することが可能。
また、3Dプリント後の造形物は、食器洗浄機や電子レンジで使用することができるため、一般的なPLAやABSでは造ることができなかった、カップや皿などの容器を造ることができる特殊なフィラメントです。

Centaur PP シリーズのご購入

お試し用サンプル
レンジや食洗器にも対応した『Centaur PP:透明』5M
レンジや食洗器にも対応した『Centaur PP:透明』10M

スプール単位
レンジや食洗器にも対応した『Centaur PP 透明:500g』

Centaur PPの特徴

  • 食品接触適合(米国とEUの食品安全基準をクリア)
  • 食器洗浄機、電子レンジで使用可能
  • 軽量
  • 材料密度0.9g / cc
  • シングルウォールプリントで水密プリントが可能
  • 優れた弾性特性
  • 破損前に600%以上伸ばすことが可能
  • ショア硬度 D50
  • 優れた耐磨耗性、耐久性、耐薬品性
  • 優れたレイヤー間接合力
  • 一般的なFFF/FDM方式の3Dプリンタで造形することが可能
  • エクストルーダー温度(メーカー推奨値):220~240℃
  • ヒートベッド温度(メーカー推奨値):0~100℃
  • レイヤーピッチ(メーカー推奨値):0.1mm

その他の新商品はこちら
造形後も粘土のように彫刻できるフィラメント『Thibra3D SKULPT』


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る