ロシア生まれのSEXY 3Dプリントランジェリー


3Dプリンターで造られたロシア生まれの貝殻デザインランジェリー

underwear_3dprint-2

先日、3Dプリント技術を利用した「3Dプリントブラジャー」をご紹介したばかりですが
こちらの作品は、ロシアのデザイナーViktoria Anokaが、ランジェリーブランドLascanaのために開発した3Dプリント下着。
貝殻とパールチェーンをイメージしてデザインされた下着は、4ヶ月のテスト期間を経て、モスクワに本社を置く同社3DPrintusの協力の元、SLS方式プリンターでナイロン素材によって造形された。

ロシアでは、合成素材のレースなどから作られた下着の製造販売を禁止している(専門外のため間違っていたらごめんなさい)のようですが、そういった法律を回避する手段として、また、同法へ抗議などの意味合いも込めた作品として、先のGeek Picnic 2014にて開催されたファッションショーでお披露目されたそうです。

同製品は、約$ 80で実売される予定。

お父さん世代にとって「貝殻」と言えば武田久美子さんですが、こちらの3Dプリント下着も負けていませんねw

underwear_3dprint-3

Image : Lascana



関連記事

ページ上部へ戻る