安価な3Dプリント製マスクでiPhoneの顔認証を突破

僅か$150の3Dプリント製マスクでiPhoneの顔認証システムを突破

ベトナムのセキュリティ企業Bkav Corporationは、3Dスキャンと3Dプリント技術から生成されたマスクを使い、Appleの最新スマートフォンiPhone Xの顔認証システム「Face ID」を突破した。

このハッキング用マスクは、3DスキャンしたiPhone Xユーザーの顔から3Dプリント製プラスチックフレーム、2次元顔写真から切り出された目と口、シリコン製の鼻を生成。これらを組み合わせた後、プロのメイキャップアーティストによる修正を行い、製作費わずか$150(約16,500円)で完成している。

Appleは、TrueDepthカメラシステムから顔のジオメトリを正確にマッピングし認識する「Face ID」に対するハッキングの可能性は、1/100万程度と主張していたが、Bkav社は3Dスキャンと3Dプリント技術を利用し、1週間程度で製作した$150のマスクでFace IDの顔認識(パスコードを使用しない条件下)を突破した。

Bkav社は、このハッキングツール製作に関するプロセスなど詳細は明らかにしていないが、iPhone Xの顔認証を突破するには、高度なデジタルスキャン技術や3Dプリント技術が必要だと主張している。しかしその一方で同社は、Face IDが顔半分を隠した状態でも認証が通るため、そのメカニズム自体はそれほど厳しくないと述べている。一定のスキルを有する技術者であれば製作することは不可能ではなく、現状の解錠法について深刻な疑念を提起している。


関連記事

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でid.artsをフォローしよう!

   

関連記事

ページ上部へ戻る